ユニーク!京都・夜の錦市場のシャッターに伊藤若冲の絵がズラリ

ユニーク!京都・夜の錦市場のシャッターに伊藤若冲の絵がズラリ

「京の台所」とも呼ばれる錦市場商店街で、江戸中期に活躍した絵師・伊藤若冲の作品を、夜のシャッターに描いてライトアップするという面白いアイデアの展示「ナイトミュージアム」が行われています。

伊藤若冲は錦市場の青物問屋生まれ

ユニーク!京都・夜の錦市場のシャッターに伊藤若冲の絵がズラリ(菜蟲譜 佐野市立吉澤記念美術館蔵)

今回のナイトミュージアムは、もともと錦市場の青物問屋に生まれた伊藤若冲の生誕300年記念として行われています。
有名な『野菜涅槃図』など、若冲の絵に茄子や大根、カボチャ、桃、蜜柑などの野菜や果物が描かれているのも、若冲が青物問屋を生家とすることに由来しているからです。

実際に行ってみました

ユニーク!京都・夜の錦市場のシャッターに伊藤若冲の絵がズラリ

錦市場は京都のど真ん中、四条烏丸と四条河原町の間にあります。昼間は観光客で溢れかえっていますが夜はお店のシャッターが閉まり、割と静か。今回は約50店舗のシャッターに若冲らの作品を描くという、非常にユニークな展示になっていました。

ユニーク!京都・夜の錦市場のシャッターに伊藤若冲の絵がズラリ

生家跡の看板が掲げられています。

ユニーク!京都・夜の錦市場のシャッターに伊藤若冲の絵がズラリ

展示はこんな感じ。
筆者は土曜日の夜に行きましたが、それほど混んでいなかったので、ゆっくり観ることができました。

ユニーク!京都・夜の錦市場のシャッターに伊藤若冲の絵がズラリ樹花鳥獣図屏風(左隻)  静岡県立美術館蔵

ユニーク!京都・夜の錦市場のシャッターに伊藤若冲の絵がズラリ樹花鳥獣図屏風(右隻) 静岡県立美術館蔵

伊藤若冲の代表作として有名な「樹花鳥獣図屏風」。実物は静岡県立美術館に所蔵されているんですね。なかなかこの大きさでじっくり見ることができないので、シャッターとはいえ、細かいところまで観ることができました。
8万6千個の枡目に色を埋めて描いた升目描きの技法もよくわかります。

ユニーク!京都・夜の錦市場のシャッターに伊藤若冲の絵がズラリ鳥獣花木図屏風

ユニーク!京都・夜の錦市場のシャッターに伊藤若冲の絵がズラリ石燈籠図屏風 京都国立博物館蔵

ユニーク!京都・夜の錦市場のシャッターに伊藤若冲の絵がズラリ群鶏図障壁画 京都国立博物館蔵

ユニーク!京都・夜の錦市場のシャッターに伊藤若冲の絵がズラリ

20時~と21時~は若冲の作品などをプロジェクターに投影したムービーが流れます。和楽器の音楽も流れて商店街一体がその名のとおり「ナイトミュージアム」の雰囲気が漂っていました。
※ムービー上映中は、シャッターに描かれた作品を照らすライトが落ちるため、よく見えなくなります。


伊藤若冲 生誕300年記念のイベント・展示会情報

2016年は伊藤若冲生誕300年記念ということで、今回の錦市場のナイトミュージアム以外にもイベントが目白押しです。(※情報は2016年10月18日時点のもの)

 

  • No products in the cart.