折り紙をモチーフにして製作した「折り紙ポーチ」です。

「折る」という行為は、相手を尊重する気持ちや気遣いをあらわす日本特有の文化で、折り紙やラッピングなどが主な例です。そんな日本の伝統文化をモチーフにデザインしました。

折り紙を折ったときの紙の重なりも再現しています。

ポーチの柄は、着物を染める「京小紋染め」の技法を用いて表現します。型を使って、デニム生地の藍色を柄状に染め抜いています。

デニム生地に柄入れをしたあと、染料に浸して生地全体を様々なお色に染めあげます。