おうち時間特集|クローゼットすっきり作戦

hanger

同じ種類のハンガーでの収納が、居心地のいい空間のコツ

 

京都デニムのお店は、

この春リニューアルオープンしました。

今まで長棚にデニムを畳んで並べ、気になるものは

広げてみてもらう、収納スタイルでした。

 

畳んで収納

 

「もっと商品がどこにあるか、分かりやすくなればな」

「商品をしまう場所が、分かりやすくなれば良いな」

 

お客様に店内で気持ちよく過ごして頂こう、と

商品は全てハンガースタイルに大変身!

 

おすすめのハンガー

今までは折りたたんで、商品をしまっていて、

洋服のシワが気になることも。

しっかり支えるハンガーを統一することで

お店の雰囲気も軽やかになり、

来店されたお客様からも、好評です。

 

ハンガーを選ぶポイント:スリムさと、ホールド力

hanger

私達のハンガーはトップス用、ボトムス用の2種類。

トップス用は、約1cmの厚みというスリムさ。

商品がずり落ちない、ノンスリップコーティング。

形崩れしないように、先端は厚みがあります。

hanger

ボトムス用も、約2cmの厚みというスリムさ。

商品をしっかりホールドする、クリップ式。

ジーンズをかけても安心です。

 

hanger

・トップスハンガー(京都デニムオリジナル)

・ボトムスハンガー(京都デニムオリジナル)

ハンガーを選ぶポイント:統一感と、かすかな存在感

ハンガーに統一感をもたせること。

空間に馴染むように、あまり主張しないデザイン。

そんなハンガーで洋服を揃えると

気持ちの良い空間が、出来上がります。

hanger

ハンガーフックは、シルバー。

ハンガーカバーは、帆布(綿100%)ホワイト生地で、

空間へ溶け込むように、覆っています。

京都デニムの刻印は、真ん中に。

ちょっとしたアクセントとして。

hanger

ボトムス用ハンガーは、木製のホルダーを

ホワイトコットン生地ですっぽり

包み込んでいます。

hanger

ホワイトコットン生地が、汚れていたら

洗濯機で洗うこともできます。

いつまでも綺麗な空間に。

ハンガーを収納するポイント:全体の2/3幅まで

hanger

意外と見落としがちなところは、

かけるハンガーの本数。

収納できるスペースいっぱいに、

ハンガーをかけると、洋服をうまく取り出せない等

柄の確認がすぐにできません。

hanger

気持ちの良い空間をつくるポイントとして

ほんの少し空間に余白を生み出すこと

 

クローゼット等、洋服を掛けられる場所の2/3まで

洋服を掛けたハンガーをかける。

それをマイルールにすると、空間がすっきりします。

 

「今日の洋服はどれにしようかな」

ハンガーを動かせる余白を持たせて。

空間の整理整頓をしてみてはいかがでしょうか?