着物の職人の技を守りたい

デザイナー桑山豊章の思い

彼はかつて着物メーカーのデザイナー兼職人でした。
彼は「着物の職人技術やデザインを世界に広めたい。着物を洋服にしよう、着物の洋服を作ろう。」というプロジェクトを暖めていました。桑山は理想の洋服工場を探し求め、全国を巡る旅からこのプロジェクトを始めます。あるとき、デニム工場が彼の目に止まります。
「デニムに対する確かなもの作り技術、精神、情熱、そしてそれを求める人たちの独創的な世界。着物の世界と似ている。京都の洗練されたもの作りの技術、精神、文化をデニムと掛け合わすことで、新しい着物デニムが作れるはず。」

着物の職人の技を守りたい、職人の技を継承する手助けはできないのものか

京都の職人・デザイナーによるもの作り哲学を凝縮した着物デニム。これが桑山の答えでした。彼は試行錯誤を繰り返し、一般的なデニムの制作時間の3倍を要す作品を2008年に完成させました。それは、京都デニムが産声を上げた瞬間でした。