金彩友禅加工を施す

ジーンズに金彩友禅
金彩友禅染めをお持ちのジーンズに

金彩友禅を施したジーンズ

色褪せてきたジーンズ
長年使い込んだジーンズ
箪笥の奥に眠ったままのジーンズ

「だけど、捨てるのは忍びない・・・」
「それに、思い出もたくさんある・・・」

そんな日本らしいモノを大切に使う精神を、京都デニムは大切にしています。

飾って眺める美しさではなく、日常に溶け込むからこその美しさ。

金彩友禅を施して、世界に一つの、あなただけのジーンズを作りませんか。

【金彩友禅オーダー】ご注文の流れ

1.お好きな金彩友禅柄を選びます

金彩友禅柄見本

金彩友禅オーダー流れ1

金彩友禅の柄見本一覧

金彩・銀彩柄入れ

【雪華】金彩友禅オーダー

¥12,000 +税

金彩・銀彩柄入れ

【天の川】金彩友禅オーダー

¥10,000 +税
¥12,000 +税
¥10,000 +税

金彩・銀彩柄入れ

【八重桜】金彩友禅オーダー

¥10,000 +税

金彩・銀彩柄入れ

【花時】金彩友禅オーダー

¥12,000 +税

金彩・銀彩柄入れ

【蜻蛉】金彩友禅オーダー

¥10,000 +税

金彩・銀彩柄入れ

【折鶴】金彩友禅オーダー

¥12,000 +税
¥10,000 +税

金彩・銀彩柄入れ

【吹寄】金彩友禅オーダー

¥12,000 +税

金彩・銀彩柄入れ

【小桜】金彩友禅オーダー

¥12,000 +税

2.カートに入れ注文します

金彩友禅オーダー流れ2

金彩友禅オーダー流れ3

3.金彩友禅を施す位置を決めます

金彩友禅オーダー流れ4
太もも部分から裾の方までお好きなところに柄を施せます(縫い目を跨ぐと形が崩れてしまうので、平面をお勧めします)

4.京都デニムへ送り返します

金彩友禅オーダー流れ5

金彩友禅オーダー流れ6

ご注文はこちらから

金彩友禅とは

金彩友禅叩き染

金を着物に施すようになったのは、遡ること中国・唐の時代。中国へ留学した僧によってその技術は日本にもたらされました。

日本で用いられ始めたのは、今より1000年以上前の平安時代です。

その後、時代を経て着物の文化が栄えてくると、金彩友禅は黒留袖など一部の格式高い身分の衣装にだけ用いられるようになりました。

しかし、現代になり着物を身につける人々が減ってきたことにより、金彩友禅の技術は急速に廃れてしまっています。

このままでは日本の文化全体に波及し、そのものが潰えてしまうかもしれません。

京都デニムでは、そんな歴史と伝統のある技術・文化を広めたい、現代に適した形で後世に伝えていきたい、と考えています。

人々が京友禅や金彩友禅の施されたジーンズを履いて街を歩く。

それは温故知新を果たし、和と洋を共存させた日本の理想の姿なのではないでしょうか。

金彩友禅加工がその一助になれば、と私たちは願っています。

金彩友禅を施す

京友禅や金彩・銀彩友禅を施した一点モノジーンズ

金彩だけでなく、色彩豊かな「京友禅染め」もあります

京友禅染めオーダー

お持ちのジーンズに京友禅染めを施す