親子で京都デニム

「娘と一緒に穿いて並ぶと、

 涙が出るくらい嬉しかった」

井上 篤さん(医療法人十全会 井上病院 理事長
親子で京都デニムを愛用してくださっている井上さんに、京都デニムとの出会いや想い、エピソードについてインタビューさせていただきました。


京都デニムとの出会いのきっかけは?

安田大サーカスの団長さんでした。団長さんが京都デニムのジーンズを愛用されており、数回お会いする機会があって、その際に京都デニムの話を聞いていました。するとちょうど同時期に、とある番組で京都デニムの特集をしていました。独特の模様に、職人さんがひとつひとつ染めている、国産のジーンズブランド・・・様々な観点から一目惚れし、京都まで行ったのを覚えております。
井上 篤さんとそのお子様

どのくらい京都デニムを
ご愛用いただいていますか?

京都デニムは5本目、娘のを入れると6本目になると思います。もう5年か6年は愛用しているのではないでしょうか。
 

京都デニムを穿いていて
良かったことはありますか?

「穿き心地」です。京都デニムのジーンズを穿いてみてから、他のブランドのジーンズを穿いた瞬間に違いが分かります。柔らかさ、生地の伸び具合・フィット感。友達に説明する時には「裸で歩いている感覚」と説明しています(笑)
ですが、本当に一番良かったと思うことは「世界で自分しか穿いていないデザインのジーンズ」ということですね。
井上 篤さんのお子様

逆に困ったことは何かありますか?

徳島県で購入できない、京都まで行かないと実物が見られないことですかね。宮本さんが通販や試着用で郵送してくれたりと、問題は解決しておりますが・・・(笑)
 
井上 篤さんとそのお子様

お子様のジーンズ作られたきっかけは?

「思い出」です。子供用のジーンズには正直、抵抗がありました。身長の伸び具合です。すぐ成長するので、使用不可になると思うと寂しかったので。
井上 篤さんとそのお子様
しかし、そんなことを言いながら娘も小学生となり、「パパと同じジーンズを履いている」って言われたかったからですかね(笑)実際、娘と一緒に穿いて並ぶと、涙が出るくらい嬉しかったです。ありがとうございます。
 

周りの方の反応はいかがですか?

「お父さんと一緒のジーンズ履いてるね!」ってよく言われます。好感触です。
 

これから、どんなふうに
使っていきたいですか?

息子もいるので、娘のジーンズを使い回したりすることができたらいいなと思っています。自分自身のジーンズはもちろん、これからも愛用していこうと思っております。

 

最後に、あなたにとっての
「京都デニム」とは?

「世界に一つしかないFashion Style」ですかね。徳島県も「藍染め」で有名であり、何かしらの共通点を感じました。これからも愛用していきますので、よろしくお願いします。
井上 篤さんとそのお子様