京都組紐の歴史と工程

[gap height=”30px”]

京組紐(きょうくみひも)の歴史は平安建都とともに始まりました。京組紐は平安時代に花開いた優美な貴族文化の担い手として大きく発展し、武具の飾りや羽織の紐、神仏具などに利用されてきました。

京都組紐の歴史と工程
(上の写真は組紐の種類の一部です)

現在では基本的なものだけでも40種類、その他バリエーションまで含めると3,000種類を超える組み方があるといわれています。

syoen01

手仕事で一本の糸から紐にしていく技はまさに職人芸。
糸からいろいろな歴史ある紐に先人達が考えてきた組み方で、1本の紐を作るのに何人もの人の手をわたり完成します。

syoen03

和の心を大切にする昔ながらの技法で、今も変わらず伝統工芸として制作されている組紐。

syoen07

昔は日常生活の中に密着して存在しており、そして着物でも帯締めにして使用されていたぐらいフッァションと密接な関係があります。

京都組紐の歴史と工程

今は伝統工芸として保存されていますが、京都デニムではその伝統工芸をもう一度現代のファッションとして身近に感じてもらいたいという想いで、ジーンズに利用しています。多くの歴史人が愛した日本のものづくりを、京都デニムは受け継いでいきます。

[gap height=”30px”]

  • No products in the cart.