京都デニム(有限会社豊明)

京都染色ものづくり、テキスタイルデザイン、商品企画兼デザイナー桑山の助手についての求人について

京都デニム染色求人

京都デニム染色求人

京都デニム染色求人

京都デニム 染色テキスタイルデザイン

【募集職種】
京都染色物づくり(弟子見習い兼桑山の助手)

【雇用形態】
契約社員→正社員

【基本給】

京都デニムの染色物作り助手は3年は見習いです

1年目:170,000円(見習い契約社員)
物作りは技は技術職そして覚えれば終わりではありません。常に向上心を持ち続け、学び続けていかなければなりません。
また、お願いする助手の仕事は物作りを含め多様な仕事です。
回り道に見えるかもしれませんが、4ヶ月まずは契約社員としてお越しいただきその後3回毎しっかりと意見を交換した上で更新を行なった場合に、正社員として活躍していただきたいと思います。

2年目:178,000円(2年目より見習い正社員)

3年目:186,000円(見習い)

3年目以降はモデル賃金です。(仕事の技術の向上により算定いたします)

4年目:194,000円

5年目:200,000円

【待遇・福利厚生】

・社会保険完備

・通勤手当(当社規定に応じて、月最大1万円を支給。)

・染色備品購入・作業着補助制度

・健康診断

テキスタイルデザイン

テキスタイルデザイン求人

京都染色求人

ブランンディング

テキスタイルデザイン

テキスタイルデザイン求人

【仕事内容】

【コメント】

手作業がとても多い職種です。

テキスタイルデザインします

デザイン、ものづくり商品企画も多いです。

染料を使用するので手に染料がつきます(手染めのため)

クライアントにデザインの打ち合わせをしに行くことがあります。

1日中染色やデザインをしていることがあります。

・基本的にはデザイナー桑山の助手です。

その他の仕事

・ジーンズ、デニム生地の染色

・型掘り

・京友禅染め

・浸染め

・抜染

・蒸し水元

・シルクスクリーン

・商品企画

・生産管理

・接客や体験教室の指導、運営

・デザイン画

・デニム生地やレザー、帆布などを使用したデザイン

・商品撮影

・プロダクトデザイン

・ファッションデザイン

・テキスタイルデザイン

・ブランディング

※お客様のご要望や幸せにするためにのデザイン、ものづくりをどのようにしたら良いのかを考えるためにリアル接客をしていただきます(土日祝祭日が中心)

京都伝統工芸染色求人

京都伝統工芸染色求人

京都伝統工芸染色求人

【勤務地】
アトリエ京都デニム

【勤務時間】
8:00〜17:00(休憩時間 11:00~11:50/15:00~15:10)

休憩について

体力を使う仕事もありますので休憩は作業の内容により記載より多くとることがあります。

残業について

基本、残業はありませんが染色やデザインの特色上やむなく残業になることがあります。(残業あり2時間ぐらい週1ー3回ぐらい)手作業が多くその日の気温や湿度などの急な変化で作業工程が変わることがあり残業になることがあります。

【休日休暇】

週休2日(シフト制)・有給休暇(10日)

【応募資格】

・京都デニムの物づくり染色、テキスタイルデザインに興味があり京都デニムの仕事にやりがいを持って働きたい方であれば、経験は問いません。

※学歴不問

※未経験・新卒・第二新卒歓迎します!

※デザイン、テキスタイルデザイン、ブランディング経験者優遇

【求める人物像】

・当社の仕事にやりがいを持って取り組める方

・向上心がありデニム、染色、商品企画にテキスタイルデザインに興味がある方

・責任感のある方

・前向きな人(ポジティブ)

・体力のある方

【募集期間】

随時募集(予告なく終了することがあります)

【採用予定人数】

1~2名

【選考プロセス】

まずは下記よりご応募・お問合せください

recruit@kyoto-denim.jp
電話0753521053
(宮本まで)

書類選考1(履歴書)

選考2
①社内見学(県外の場合体験を同時にすることがあります)
②仕事内容を知る体験するインターンシップとして体験
③1日体験


選考3
面接

採用(試用期間4ヶ月×3回(1年))

・次の選考ステップに進まれる方のみご連絡させていただきます。

・取得した個人情報は、採用選考にのみ使用します。

・選考プロセスは変更になる可能性があります。

・不採用理由についての問い合わせにはお答えできませんのでご了承ください。

一年目の有期雇用について

有期労働契約の締結時に明示すべき事項
(1)使用者は、有期契約労働者に対して、その契約の更新の有無を明示しなければならない。更新の有無は次のとおりである。
●自動的に更新ではありません、一度契約はきれて再度契約することになります
(2)使用者が有期労働契約を更新する場合があると明示したときは、労働者に対して契約を更新する場合またはしない場合の判断
の基準を明示しなければならない。判断の基準の参考例としては次のとおりである。
●契約期間満了時の業務量により判断する
●労働者の勤務成績、態度向上心により判断する
●労働者の能力により判断する
●会社の経営状況により判断する
●従事している業務の進捗状況により判断する

(3)使用者はこれらの事項を労働者に対して書面により明示することが望ましく、また変更する場合には、速やかにその内容を労働者に明示します。

テキスタイルデザイン求人テキスタイルデザイナー求人デザイナー求人
染色求人、商品企画求人