京都デニムのオリジナルリベットのこだわり

[gap height=”30px”]

京都デニムのボタンのデザインをご存知でしょうか?
全てのジーンズに共通して、桜があしらわれたデザインになっています。今回はこのボタンとリベットに関する、京都デニムのこだわりをご紹介したいと思います。

 

リベットとは?

[gap height=”6px”]

リベットとは「ポケットの毎回洗うために打ち込まれた鋲、ジーンズ誕生の要」です。「ジーンズ誕生の要」とは、物理的に強度が必要な部分の固定に使用するという意味のほか、リベット補強をしたパンツを特許申請したものが現在あるジーンズの原型であることに由来します。

リベットの正しい位置をご存知ですか?
rivet

実は一般にリベットと呼ばれる表に見える部分はリベットを留めるための「バー」と呼ばれる部品なんです。対象物の穴に通した後、反対側を同様の形状につぶすことで固定します。

 

20140527-1

裏地側に来る部品がリベットということです。(下図)

 

こだわり1:京都デニムオリジナルの桜リベット

[gap height=”6px”]

京都デニムのオリジナルリベットのこだわり

このリベット(バー)もボタンと同じ桜モチーフです。
桜は日本でとても馴染み深い植物です。春になれば桜前線を気にして花見をし、桜のうたを歌い、校章や制服にモチーフとして使われることも多い桜、この人生を通して日本人の身近に寄り添う花をジーンズの要に打ち込み締めることで、物作りに関わった人々の想いや伝統工芸の歴史性を表すと同時に、「長く穿く」ことへの願をかけ、験を担いでいるのです。

 

こだわり2:厳選された上質な素材。

[gap height=”6px”]

botton_03

京都デニムではリベット、ボタンの素材に「洋白銅」を使用しています。
この洋白銅は五百円硬貨などに使用され、従来ジーンズのリベットに使われる銅より錆びが浮きにくく、よく穿いて洗濯するのに最適です。日本らしい情緒的な思い入れと、確かな素材選びで作られた京都デニムは純国産にこだわっています。

 

デザインは平面では無く空間。

[gap height=”6px”]

例えば、流水に桜という風景があったとしましょう。
一般的にはその風景を平面として描き、写すようです。京都デニムは桜のボタンを流水のカタチにした生地の上に添え、和を作ります。京都デニムは茶室の空間、戸こしに見える四季の移ろう木々の美しさなど、奥行、空間、そして空気のような部分に美意識を見出すからです。平面描写だけでなく和の空間も演出する造形が、デザイナー桑山豊章の考え方です。

まとめ

[gap height=”6px”]

20140527-3

ジーンズにおけるリベットとはデニムの生地間をつなぐ金属製のプロダクトをさします。現在のリベットはおしゃれのツールとして認知され、その役割も多様化しています。京都デニムはこうしたリベットの歴史を踏まえ、リベットを別の角度から意味付けます。
「京都とデニム縫製産地をつなぐこと。」
そのような考えが京都デニムのリベットに桜の文様として刻まれています。

[gap height=”30px”]

  • No products in the cart.