採用情報


動画を見る

人生を豊かにする、「個」が作り出す”想い”や”モノ”を描き出す動画チャンネル”nano tones TV”にて、京都デニムのドキュメンタリー動画が公開されました。

eo光テレビに紹介されました。

京都デニム直営店

京都デニムの木(気)を一緒に育てる仲間を探しています。

京都デニムの木は2004年に植え始め今年で14歳です。
まだまだ小さい木ですが色づく葉っぱの色も変化し、幹もしっかりとなって花も咲くようになってきました。
そんな京都デニムの木を一緒に育てていく仲間を探しています。

『京都デニムの木を育てるためにすること』
京都デニムは自分たちで作って自分たちで売るが基本形態です。
染色と芸術
そしてデザイン力で
プロダクト商品、ファッションアイテム、小物から雑貨、テキスタイルなどを作ってマーケティング、ブランディングを構築していきます。

商品デザイン

デザインします。
生地を染めます。

生地染色

縫います。
形にします。

その想いをブランディングして広報します。
写真撮影します
WEBサイトを構築します
時には他社と連携して開発します

何か一つではなく全体像を考えながらいろいろします。
歯車ではなくモーターになりたいひと募集!!
伝統工芸に矛盾を掛け合わすとユニークになったりします。
そんな面白いことを考えたりしてものづくりして広報したりもします。

人から言われて行動するのではなく自らの意思で行動して社会で働き社会とともに向上心を持って成長したい人そして京都デニムの木を自分たちでどうしたら綺麗で立派な木になるか考えて行動できる人をお待ちししております。

募集職種
❶▶︎染色物づくり(弟子見習い 兼 桑山の助手)

❷▶︎ECストア、広報企画

❸▶︎店舗接客運営スタッフ

応募方法
recruit@kyoto-denim.jp
電話075-352-1053(宮本まで)

よくある質問
『他社と一番違うところはなんですか?』

京都デニムでは企画、開発、販売だけでなく社内で実際に手を動かし伝統技法を用いて商品も話し合い製作します。
それは、実際に製作することで先人の伝えてくれた伝統のロマンを感じて次世代につなげるからです。
そして、働き方の感覚が違います。いかに経済を作るかよりは、いかに人や社会の役に立つかを意識しています。
結果を出すのは最低限当たり前のことで注目することはその過程にあります。
週末や休みの日が楽しいのではなく仕事をしている時間が一番楽しいと感じれれる会社づくりを一人一人が意識して作ることを考えています。

京都デニムデザイナー桑山氏

京都デニムの木の種を植えて育てているデザイナー桑山豊章です
日本では、世界に誇れる素晴らしい技術や精神、美術、生活様式が育まれてきました。
特に日本の美術は額に入れて鑑賞するようなものではなく、日常生活の中で活用できる「用の美」として深く生活に根ざしてきた長い歴史的背景があります。
それゆえ、今のいわゆる伝統工芸は本来はすべて日々の生活に具する用品、つまり、ファッションやインテリアの中にあるのが自然ではないでしょうか。日本人の「用の美」を今の時代に、そして物作りのロマンやプロセスも含めて次世代につなげるように京都デニムは活動しています。そして、京都デニムの木を育ててくれる仲間を心待ちにしております。

京都デニムのジーンズは末長く愛着を持って使っていただく活動をショールームでしています。

京都デニムの活動

事業内容

・京都デニムアパレルお土産事業
着物の染色に使用する伝統的な技を用いて製作したオリジナルデニム製品の製造、及び販売接客
・京都デニムインテリア事業
着物の染色に使用する伝統的な技を用いて他社とのコラボレーションアイテムの企画開発(椅子や照明、ふすまや障子、屏風など)
・京都デニム建材事業
ホテルのお部屋や住宅商業施設での京都デニム壁紙、畳、フローリング、照明の提案製作。
・京都デニムものづくり商店事業
お客さまの『世界に一つだけ』を、職人の技で“お誂え”し、伝統の技を次世代につなぎます。
・京都デニム体験事業
着物の染色に使用する伝統的な技を観光などのお客様に体験をしてもらう事業
・京都デニム-branding事業
他企業やブランドの本質・真の魅力を磨き出し、商品開発や発信の仕組みを生み出します。
・京都デニム研究開発事業
テキスタイのデザイン、テキスタイルの製作事業(提案先は一般の方、法人の方)

今後目指している事業
⒈海外事業、海外に京都デニムを広める
⒉食文化とのコラボレーション
⒊京都デニムと健康やゆとりの提案
⒋ユニフォーム事業
など