京都の碁盤の目の地図を着物の染色技法で染め抜いたデニムトートバッグ。着物の染めの技法を用いて地図の柄状に色を染め抜きます。

プリントでは無いので柄が剥がれることはなく、デニム生地とともにヴィンテージの風合いを増していきます。

ヌメ革を使用した持ち手は 肩にかけるだけではなく 手で持つ際に地面に擦らない長さでおつくりしています。

31×15cmのマチと底鋲を施しています。荷物を入れた時に自立し、バッグの底が汚れないようになっています。

持ち手部分を支える部分には、ジーンズの強度を増すために使用する「リベット」を打ち込み 丈夫に仕立てています。