京都デニムはサステナブルファッション

京都デニムは大量生産をしません
正確に申しますと大量生産できませんそのためにファッション業界に多く見受けられる大量廃棄を京都デニムはいたしません。
昔ならではの手仕事で生産しているために大量生産できないことと、お客様のオーダー制作(昔の着物屋さんのように)柄入れをおこなったりと
必要な分だけ心をこめて制作しています。
江戸時代のような制作スタイルゆえに、サステナブルファッションを意識していなくても
サステナブルファッションスタイルで製造販売しています。

サステナブルファッション

サステナブルファッションin京都

ファッション業界はサイクルが短く製造や廃棄にエネルギーを使う産業として国際的に知られています。
究極は必要最低限の衣類でそれ以上を買わないのがいちばん環境に良いのではと言われていますが自分を着飾る最高の、存在としての地位があり、服を買い替えないなどはなかなか難しいのが現状です。そんな中、環境に配慮し持続可能なファッションのあり方を考えたサステナブルファッションが求められていきます

『京都デニムができるサステナブルファッション』

日本国内における服の供給量も増加する一方で衣類の一枚あたりの価格は年々安く大量生産大量廃棄が拡大し衣料サイクルも短期化し大量廃棄への流れが懸念されています。現在では古着としての販売が11%譲渡・寄付3%地域・店頭回収11%資源回収7%可燃ゴミ・不燃ゴミとして廃棄68%と廃棄が一番多いです
京都デニムではこの廃棄を減らすために何が出来るか作る責任としてどうすれば良いか考え
廃棄予定の服の回収そしてもう一度服を着ていただく「愛着ある1着に変えるプロジェクト」を行なっています
具体的には

「廃棄を減らす」

①製造段階で廃棄するはずの生地や工場などの廃棄予定のデットストックを使用モノを制作。
廃棄の現状の量は1日あたり焼却や埋め立てされる衣類の総量は1300t(1t=1000kg)なんと大型トラック130台分です。
②お客様から送られてきた廃棄する洋服を回収し資材に変えて商品に変え販売(デニグマやがま口商品を製作)
③廃棄するはずの洋服や鞄に着物の製作技術を使い柄や染めを足して長く愛用してもらう(洋服や鞄に柄を入れたり染め直したりし1着と長く付き合う活動して)

サステナブルファッション

サステナブルファッション

大量廃棄を減らす
最後に
消費者や、企業など
突然、1から100までサステナブルな事はできないかもしれませ。
しかし
1人1人が未来の地球環境を意識して出来る事から始める。
これがいちばん大切だと思います。
1人1人と、企業が、明日の地球環境のために一歩一歩確実に歩んでいきたいです。