京都デニムインテリア

京都デニムインテリア

着物の技、伝統工芸京友禅染めをデニムに施し日常に使えるようにしています。

日本では、世界に誇れる素晴らしい技術や精神、美術、生活様式が育まれてきました。 特にはるか昔より日本の美術は額に入れて鑑賞するようなものではなく、日常生活の中で活用できる「用の美」として深く生活に根ざしてきた長い歴史的背景があります。 それゆえ、今のいわゆる伝統工芸は本来はすべて日々の生活に具する用品、つまり、ファッションやインテリアの中にあるのが自然ではないでしょうか。 日本人の「用の美」を今の時代に、そして物作りのロマンやプロセスも含めて次世代につなげるように京都デニムは活動しています。

着物の伝統工芸京友禅染めの染色技術の技を次世代につなげる活動

京都デニムでは着物の伝統工芸京友禅染めの技術を日常に使えるデニムに施し、衣類以外にインテリアとしてもつけるように改良、研究し作品を作り伝統工芸を次世代につなげる活動をしています。

  • 伝統工芸京友禅染めのデニムの壁紙(防炎済み)
  • 伝統工芸京友禅染めのデニムの障子
  • 伝統工芸京友禅染めのデニムの襖
  • 伝統工芸京友禅染めのデニム掛け軸
  • 伝統工芸京友禅染めのデニム座布団
  • 伝統工芸京友禅染めのベットスロー
  • 伝統工芸京友禅染めののれん
  • 伝統工芸京友禅染めの照明
  • 伝統工芸京友禅染めの床材
  • 伝統工芸京友禅染めのデニムの刀仕様
  • 伝統工芸京友禅染めのデニムのロッキングチェアー
京都デニムの今日小紋染めのデニムの壁紙

京都デニムインテリアはデニムライフスタイル

デニム生地でありながら、艶やか。 デニム生地でありながら、色落ちしにくい。 インテリアに最適な風合いと高いファッション性を兼ね備えた新素材【みやこデニム】を使用した壁紙。 京小紋染め・京友禅染めが合わさる新しい空間をご体感ください。

京小紋染め 京友禅染めデニム壁紙【鳳凰牡丹丸文】

規格:92cm×50m巻(ロール)タテリピート:66cm
材質:布
防火認定:不燃シックハウス基準:F☆☆☆☆

今日小紋染め

京友禅染めデニム壁紙【小葵菱唐花丸飛文】
規格:92cm×50m巻(ロール)タテリピート:66cm
材質:布
防火認定:不燃
シックハウス基準:F☆☆☆☆

京都デニムの京友禅染め金彩桜文様のデニムふすま

京都デニム × 伝統工芸京表具 京友禅染めの技術を生かした大胆な「襖」 抜染により朝夕で違う表情を見せる「障子」 京都の染めの技術とデニムが織りなすモダンな空間。

京都デニム襖

デニムのふすま|金彩友禅桜花
¥264,000 +税
※上記金額に施工・取り付け費も含みます。詳しくはお問い合わせください。

デニムの京友禅染め襖

京都デニムではデニムに京友禅染めを施し金彩をしたデニム生地を使用し伝統工芸士の方が製作した襖をアトリエにて展示しています。

ご覧になりたい方はご連絡ください。

京都デニムの超獣人物戯画デニム障子

漫画の祖と言われている京都高山寺の巻物の絵【超獣人物戯画】巻物の鳥獣戯画を現代の漫画のようにコマにしてはどうだろうか

京都デニムの超獣人物戯画デニム障子

今や日本の文化になっている漫画の歴史を解釈し考え日本の様式の障子におきかえて製作してみました

超獣人物戯画の部分は抜染という着物に使用される技にて描かれていますので、プリントのようにはげりことはありません。 鳥獣人物戯画は所有権がある高山寺様の許可を正式にとり製作しております。

デニムの障子|鳥獣戯画

¥350,000 +税

※上記金額に施工・取り付け費も含みます。詳しくはお問い合わせください。

デニムの障子 京都デニムではデニムに超獣人物戯画を抜染したデニム生地を使用し伝統工芸士の方が製作したデニム障子をアトリエにて展示しています。 ご覧になりたい方はご連絡ください。

商品に関するお問い合わせやお見積もりなど、詳しくは下記のお問い合わせフォームをご利用ください。 お問い合わせ・お見積りはこちらから

京都デニムのデニム障子、満月に京友禅染め桜ちらし金彩友禅

京都三井ガーデンホテルのデニムの障子

デニムの障子です。

三井ガーデンホテルに京都駅前にて1室させていただきました。

京都三井ガーデンホテルのデニムの障子京都デニムインテリア

京都デニム史上最高傑作の障子です

京都三井ガーデンホテルのデニムの障子

本物の染色技術を使用し数ヶ月かけ製作、朝と夕方、室内の光などと同調するためいろんな色の表情がでる障子です

京都三井ガーデンホテルのデニムの障子

満月の部分は抜染を施しているので光の透過率も高く、朝日や西日が直接後ろから当たると満月が輝きます。

京都三井ガーデンホテルのデニムの障子

金彩の部分は光があたるとキラキラ光り美しいです。

京都デニムの京友禅染めデニムの照明

京都デニムインテリア

京都デニム×日吉屋
和傘を昇華した伝統工芸の技術の照明
に伝統工芸京友禅染めを施したデニム生地をしようした世界で一つの照明

小桜つくし京染めのデニムの照明

デニム生地をグラーデーション抜染したのちに桜で何回も抜染した絶品です。この照明の生地には数ヶ月を要しました。

京都デニムのデニムの照明

小桜の照明生地にアクリルを貼り付け、LED照明で灯しや写真です

京都デニムのデニムの照明

デニムの生地を最後は全体に手染めしています。

京都デニムのデニムの照明

手で染めた後に、桜の形に京小紋染めをほどこしています。

京都デニムのデニムの照明

照明の色温度で様々な発色がするところが本物の染色に面白さです

京都デニムのデニムの照明

人の手で意図的に桜の柄を出さずに、抜染材のその時々の気候の変化で魅せる桜の表情は一期一会のすばらしい雰囲気になっています。

デニムのクッション、ベットスロー

色落ちがしにくいデニム生地をあえて裏使いにして、手染めで全体を染めた後に抜染で桜のシルエットだけで表現した粋なクッションです

京都三井ガーデンホテル

桜のシルエットだけで表現すし、ステッチをジーンズに使うステッチでほどこしました

デニムのクッション、ベットスロー

デニムのクッション、デニムのベットスロー共に洗濯しても色落ちしません

デニムのクッション、ベットスロー

逆に洗濯すればまた経年変化が楽しめると思います

デニムのクッション、ベットスロー

白いベットの上に使うものですので、最大限の注意で色移りしないように念入りに洗い加工しています。

デニムのクッション、ベットスロー

一枚一枚が大きく染めると何キロかになるので染める工程は大変苦労しました。

デニムのクッション、ベットスロー

京都デニムはソファーカバーやベットカバーにも使用していただけるように技術を研究しています。

デニムの座布団

日本の文化である折り紙をテーマに
折り紙で手裏剣を製作したものを座布団で忠実に再現
もしも
日本の文化が文化らしく生活に溶け込んでいたなら
座布団はこんな座布団ができたのでは。
デニム生地の柄は手裏剣を文様を抜染しその上から
手仕事で全体を丁寧に染め上げた生地をしようした絶品です。

デニムの座布団

デニムの座布団

デニムの椅子

京都デニムの椅子は様々な椅子のスペシャリストの会社様と共同で開発研究したお品です。
座っても色移りがしないデニム生地に、伝統工芸京友禅染をほどこした椅子です

京都デニムインテリア

京都デニムインテリア

京都デニムインテリア

京都デニムインテリア

京都デニムインテリア

京都デニムの椅子

デニムの椅子

デニムの椅子

椅子の張り替えでの生地の販売もしております

デニムのロッキングチェアー

天童木工さんの最高作品の一つロッキングチェアと京都デニムのコラボ作品です

 

京都デニムインテリアデニム天童木工ロッキングチェア

 

デニムの二部式浴衣

宿泊施設のユニフォームなどのお使いいただけるデニムの浴衣、デニム着物になります

デニムの二部式浴衣、デニム着物

丁寧に織りでデニム生地を桜のデニムに金彩友禅やデニムに京友禅染めをほどこしたオリジナルテキスタイルを製作して仕立てたワンランク上のデニム着物です。

デニムの日傘

京都デニムの日傘は全て手仕事で製作されています。
生地はライトオンスのデニム生地をを使用しそのデニム生地を抜染(着物に使用される色を抜き技術)で桜の模様に丁寧に色を抜き、綿花本来の白い部分を出した後に手で一花ずず色を染めます(伝統工芸京友禅染め)

デニムの日傘

デニムの掛け軸

京都の伝統工芸士の方に仕立てていただいた絶品の掛け軸です。
月に向かって登る龍は昇竜として縁起の良い柄です。
龍と波の月ともにデニムに京友禅染めを施しています。

デニムの掛け軸

細かな柄を丁寧に手仕事で色を抜き、またそのデニム生地に色を入れていく作業は何日もかかる京都らしい細やかな作業です。

デニムの掛け軸

デニムの鎧

鎧の構造を研究し、現代に着れるように再構築したデニムのジャケット、主に平安時代の大鎧お研究して製作した最高傑作です。

京都デニムインテリア

細やかな構造で製作された衣装的感覚のがあるデニムの大鎧ジャケット、施設やイベントや行事ごとにインテリアの要素の一つとして取り入れて頂けやすいお品です。
実施際に着用できるものに落とし込んだ作品は現在販売しております。

デニムの刀

デニムの刀は模造刀です。
居合等で有名な京都の東山堂様とのコラボレーション商品になっております

京都デニムインテリア

東山堂様も革仕立ての居合等や昔の刀はおるけど、デニムで刀を仕立てりのは初めてで完成までに数ヶ月を要しました

デニムの刀

デニムでの刀に仕立てるのは今までで一番難しいがやりがいのがあったと職人さんからコメントをいただきました。
刀のデニムの鞘の部分はトンボで、トンボは勝ち虫として戦国時代でも多くの武将に愛された模様を伝統工芸京友禅染めデニム生地であつらえました。

京都デニムでは建築系のインテリア、室内装飾などの幅広い京友禅染めデニムを提案、開発しております。

上記の商品に関するお問い合わせやお見積もりや、こんな感じの京都デニムインテリは製作できませんか?などのお問い合わせは下記のお問い合わせフォームをご利用ください。