着物の技を受け継ぐ、京友禅染めジーンズ

着物の技術をジーンズに

京都デニムのジーンズは、腰回りやポケット、ロールアップなどに柄を施しています。この柄はプリントでなければ、刺繍でもありません。“京友禅染め”という本来着物に施す技法でジーンズを染めているのです。

一筆一筆、手で染めていく

京都デニムの商品

デニム生地の色を抜いた白い柄の部分に色を挿していきます。

着物を染める京友禅と同じように、小さな柄をひとつひとつ筆で染めていきます。

着物と四季

デニムに色差しをしている様子

着物は季節に合わせて素材を変え、文様や色合わせなどをコーディネートします。四季がはっきりとしている日本ならではの着物文化です。四季に合わせて着物を楽しむ感覚でジーンズをはいてもらうため、季節の文様や色合い、コーディネートを提案し、“現代の着物”を作っています。

ジーンズと四季

友禅の着物のアップ

四季折々の花や風物詩が描かれたジーンズは、季節に合わせて粋な装いをお楽しみいただけます。しかし 着物のように素材や柄、色など 季節に合わせたルールのようなものは一切ありません。年中はけるアイテムとして、ご自身が一番お好きな柄を選んでいただくことを一番に提案しております。

椿文様
椿文様
流水桜文様
流水桜文様
しだれ桜文様
しだれ桜文様
菊唐草文様
菊唐草文様

京友禅ならではの淡いグラデーション

顔料

着物の染色技法ならではの淡く深みのある色合いは、見る人の心を魅了し続けます。京友禅染めジーンズは 日常着のひとつではなく、特別な日に着る 着物のような存在であってほしいと願います。そして母から娘に着物を受け継ぐように、世代を超えた新しいファッションのあり方を追求しています。

華やかな腰回り

ジーンズ腰回り

ちらりと見える腰回りの友禅染めは、着物の襟元からさりげなくのぞく半襟をイメージしてデザインしています。柄によって表情が変わり、コーディネートのアクセントにも。カジュアルなスタイルになりやすいジーンズだからこそ、腰回りの柄がフォーマルで上品な印象を引き立てます。

裾の粋なお洒落

モデル着用写真

ジーンズの裾をロールアップすると、桜の京小紋染めがあらわれます。

型彫りの様子

小さな文様を型紙におこし、型染めします。季節やジーンズの柄、ステッチに合わせた色で染めていきます。

ロールアップされたジーンズ

ロールアップの京小紋染めは着物の八掛から生まれたアイデアです。着物の裾からちらりと見える八掛のように、さりげなく映える裾のアクセントが 江戸の粋なお洒落を連想させます。

モデル着用写真2

ただモノをつくるという無機質な考え方では無く、着る人の心をカタチにしていくことが 私たちの喜びです。生活の一部、時間の流れの一部であっても、一時でも人とモノは向き合う瞬間があります。私たちはその瞬間を大切に考えています。着れば着るほど愛着が湧き、どんどん好きになる、そんなものづくりを目指しています。